30代はヘッドハンティングでの転職を目指そう!

1.ヘッドハンティング会社を利用する企業が増加中

 30代の転職のセオリーとしては、求人サイトへの登録や転職エージェント、ハローワークの活用がありますが、近年流れが変わりつつあります。それは、業績拡大を急ぐ企業が、ヘッドハンティング会社に採用を依頼するケースが増えつつあるということです。では、ヘッドハンティング会社とは、一体どんなものなのでしょうか。

2.求人サイトのスカウトメールとの違いは?

 求人サイトでも、企業からのオファーを待てるスカウトメールサービスを行っているところが多く、登録者の経歴を見て連絡をくれます。ですが、複数の人に大量にメールを送っているケースが多く、登録者個人を指名するケースはまれです。一方のヘッドハンティングは、企業が必要とする高いキャリアや専門スキルを持つ人材個人を焦点を合わせて、転職を働きかけることをいいます。ヘッドハンティングをしようと思うのは、事業に関わる責任を委ねられる幹部社員に限りますから、入社に際しての条件を優遇してもらえるなど、メリットが大きいのです。

3.ヘッドハンティングされるための条件とは?

 では、ヘッドハンターにスカウトされるようになるために、磨くべき能力には、どんなものがあるのかを考えてみましょう。

★ここがポイント!
・業務に直結する高い専門スキル
・マネジメントを難なくこなす人間性
・周囲を納得させられる高い実績

 30代前半で、ヘッドハンターのお眼鏡にかなう能力を有するのは、かなり高いハードルかもしれません。ですが、ヘッドハンティングされる人材になると目標を定め、日ごろから努力を続けていれば、いつか声がかかることがあるはずです。

社内外で認められる人材を目指す

 30代で転職を考えるとき、自分が社内外で認められているかを、冷静に振り返ってみましょう。自分がどんなにできるつもりでも、評価をするのは他人です。仕事の実績が高くても、同僚や上司の受けが悪いとしたら、スカウトされる魅力を持っているとはいえません。一つひとつの仕事に真剣に取り組むのはもちろん、協調性を持って、組織の中でプラスの働きができるよう心がけ、人間力を磨きましょう。社内外で認められる人材を目指して努力していれば、30代の転職もきっとうまくいきます。

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
求人案件はベンチャー企業から大企業まで幅広く、スカウトのオファー数は1か月で200万通以上!